液状化現象とは

地震のニュースなどで液状化現象と言う言葉を聞くことがありませんか。
この液状化現象によって、地震の被害が大きくなるのです。
液状化現象のメカニズムを説明しましょう。
国際交流 仙台は地域によって大きく異なっています。
何もない時には意識することはありませんが、地震が起きるとその特性によって違いが表れてくるのです。
地下水位の高い砂地の地盤があると、それが液状化してしまう現象のことです。
地盤が液状化するのですから、その上にある建造物等が大きな影響を受けます。
地面がぐにゃぐにゃになる感じでしょうか。
地震のニュースなどの映像を見ていると、地面が波打っていることがありますね。
これが液状化現象です。
通常の地面は固体です。
しかし、地震による振動で液体の性質を持つようになるのです。
液状化現象はどこででも起きるものではありません。
発生するのは砂丘地帯や三角州、埋め立て地などです。
元々は、砂地であったところがほとんどなのです。
液状化現象については広く研究が行われており、最近では砂地ではなくても液状化現象になると考えられています。
もちろん、埋め立て地が多い東京などでは液状化現象が発生すると考えられますから、その被害についても大きくなると予想されているのです。
地面が液状化することによって、地中に埋められたライフラインが破損する可能性があります。
電気、ガス、水道は地中にあるのです。
そのために地震対策として、ガス管はポリエチレンパイプへの置き換えが進められています。