劇団四季について

「劇団四季」と言う劇団が有ります。「JT 中途採用キャッツ」とか「オペラ座の怪人」とか言うとイメージが沸くかも知れませんね。ミュージカルと言うジャンルの演劇をたくさん魅せてくれています。しかし1953年の結成当初はミュージカルと言うジャンルの演劇を目指していた訳ではなかったそうで、フランスの劇作家の作品やドラマ上演を目指していたそうです。この時の創立メンバーはたったの10人だったそうで、今は1000人を超えていると言いますから本当に少ないメンバーでスタートしたそうです。その上公演回数も今の3000回とは比べ物にならない15回公演だったそうですから成長ぶりは凄いですよね。
劇団四季の代表作と言えば「キャッツ」だと思います。猫の姿をして繰り広げられるミュージカルはとても魅力的で、今までの演劇界の流れを変える大きな出来事として捉えられているそうです。そしてキャッツ専用の劇場「キャッツ・シアター」が作られたのもこれが初めてだったそうです。そしてキャッツは無期限ロングランとして欧米型のシステムが導入され、オンラインシステムによってチケット電話予約方式を確立させました。その位キャッツはとても革新的な物となったのです。その他劇団四季には「オペラ座の怪人」もあり、ロングランを記録しているミュージカルとなります。劇中の名曲も凄いですし、怪人と美女の悲恋ストーリーは凄いですし、とても魅力的なミュージカルと言えると思います。